沿革

1946(昭和21年) 河本 康人、河本組を館林町連雀町に創業
1948(昭和23年) 河本組を河本工業株式会社に組織変更
河本 康人、初代取締役社長に就任
建築部門に加え、土木部門を開設
1949(昭和24年) 建設業登録を受ける
1956(昭和31年) 一級建築士事務所登録を受ける
鉄道部門を開設
1959(昭和34年) 伊勢湾台風により災害復旧工事に出動
1960(昭和35年) 舗装部門開設。アスファルトプラントを設置
1962(昭和37年) 館林市連雀町から現在地(北成島町)に本社を移転
1968(昭和43年) 河本 榮一、取締役社長に就任
河本 康人、取締役会長に就任
1969(昭和44年) 宅地建物取引業者登録
1970(昭和45年) 河本工業安全委員会設置
1971(昭和46年) 邑楽町鞍掛にコンクリート工場開設
1974(昭和49年) 館林市大字成島に本社ビル完成
1981(昭和56年) 鞍掛コンクリート工場が独立し、河栄産業株式会社設立
1983(昭和58年) ハイツ河本内に河本地所株式会社設立
1985(昭和60年) 河本 康人会長、勲五等瑞宝章叙勲
1994(平成6年) CI導入を発表
住宅部門強化のため、住宅事業部を開設
1995(平成7年) 群馬県知事より優良建設工業30回特別表彰を受賞
1996(平成8年) 創立50周年
1998(平成10年) 本社社屋増築
1999(平成11年) ISO9001認証取得
2000(平成12年) ISO14001認証取得
2002(平成14年) OHSAS18001認証取得
2006(平成18年) 創立60周年
2013(平成25年) 筑西市にて太陽光事業開始 サニースクエアーⅠ
2014(平成26年) 館林市にて太陽光事業開始 サニースクエアーⅡ
2015(平成27年) 前橋市にて太陽光発電開始 サニースクエアーⅢ
2016(平成28年) 創立70周年

  ∧